■実は、副甲状腺摘出手術にて入院していました。■2007.12.5

この一週間ばかり、ブログを書けませんでした。
それと言うのも、19年間、しっかりと食事療法(特に、リンの制限)に励んできましたが、ついに、副甲状腺ホルモンPTHが900から1000になり、骨からカルシウムが溶け出してくる現象が始ったため、副甲状腺摘出手術を受けるため、11月28日に入院し、翌日29日に、全身麻酔にて行っていただきました。
透析になってから、リンのコントロールがよくない人は、早い人で、7年から10年程度でこのような摘出手術を余儀なくされる人がいますが、私は、19年もったということで、主治医から、まあまあよくリンのコントロールを行ったほうですねと誉められました。
昨日、退院してきましたので、退院のご挨拶をさせていただきましたが、この大きな手術を体験して、腎臓病において、これほどリンの取りすぎ、制限が大切かを、身につまされた次第です。
これから、順次、このブログにて書いてゆきますが、すべての慢性腎臓病にあっては、一生涯に及び、
リンの制限、コントロールがどれほど大事か、分かって欲しいと思います。
透析前の方々では、リンの撮りすぎが続くと、腎機能悪化に拍車をかけます。
また、透析者にあっては、私が体験したように、副甲状腺肥大が待ち受けています。
これらの、リンの制限、コントロールには、しげき君のお店で取り扱っている、甲いかカルシウム食品が
お役に立ちますので、覗いて見てください。
手術中のことや、入院あれこれについては、追って書かせていただきます。
一部の、皆様方に、ご心配やお見舞いをいただきましたこと、心から感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です